再生医療サイト(クリック)        

前田病院は、国内で数少ない、PRP・APS治療を扱う再生医療認可施設です

膝、肩、肘など整形外科の痛みにお悩みの方、最先端の医療があります

~痛みをとるために前田病院では、再生医療学会医師による最先端医療を提供いたします~

 

ヒトの血液の中にある血小板は傷んだ組織の修復を促す物質(成長因子)が含まれています。患者さんご自身の血液から特殊な技術で血小板が多く含まれる血液を取り出して加工し患部に注入。患者さん自身が持つ修復力を手助けする治療法です。採取する血液は20㏄程で、自分の血液を使いますので副作用もありません。ヨーロッパ、アメリカでは頻繁に行われている治療法です。海外ではスポーツ選手にも行われています。順天堂大学順天堂医院ではこの治療法により、痛みの軽減、治療の促進が認められており診察の予約待ちが1年半以上となっています。また、他施設でも行われていますが費用が高額であることや再生医療施設の認可を受けていないなどで扱っている病院が少ないことがあります。

当院は厚生労働省による認可を受けた第2種、第3種再生医療認可施設です。再生医療学会の医師、整形外科専門医、リハビリテーション医学専門医による治療を行っております。治療は自由診療ですが当院では、価格も抑え多くの患者さんの痛みの軽減に貢献できるように治療をしております。当院の特徴としては、治療の中で検査、MRI、理学療法士によるリハビリテーションを取り入れ定期的に経過をみながら丁寧に診察をしていきます。変形性膝関節症などで膝の痛みがある方、ヒアルロン酸注射や薬で痛みが良くならない患者さんには大変効果があります。スポーツでは肘や肩など靱帯損傷、肉離れ、腱炎、痛みに対しても効果が認められております。自由診療になりますが、医師から詳しく説明をお聞きになり治療してください。

 

注意事項)

  • 治療効果・効果の持続期間には個人差があります。
  • 自由診療(自費)となります。
  • 採血部位・治療部位に皮下出血が起こる場合があります。
  • 治療時に患部への注入には痛みを伴い数日間は治療部位に腫れ・痛み・熱感が出ます。腫れは治療部位によっては1週間程度続くことがあります。
  • 交感神経障害による複合性局所疼痛症候群 (CRPS)という慢性疼痛が起こることがあります。
  • 国内外の学会や研究で特別の申し出がない限り個人が特定されないようにデーター処理をしたうえで報告することがあります。
  • この治療によって確実な効果が得られると保証するものではございません。万が一効果がない場合でも返金には応じられません。ご了承下さい。
  • 医師の判断で治療できない方もいます。

当院の特徴!採血・MRI検査、PRP・APS療法→リハビリテーション→定期フォロー を行います

●PRP・APS治療 (料金・治療スケジュール)

  • 当院では、最適なPRP療法を提供する為に病態に応じて「白血球が多いPRP」と「白血球が少ないPRP」を使い分けています。
  • 原則「基本コース」としております。全てのコースでリハビリテーションが可能です。
  • ご希望がございましたら、難治性コースや長期間効果の維持が期待できるAPS治療もあります。

1、  基本コース  2回注射を行います

    PRP作製(自己負担)              60,500円/回 ×2回(計121,000円)

    特別診察料(自己負担:注射する際) 5,500円/回 ×2回(計11,000円)

初回(0週)                3~4週間後           ※  6~8週間後            ※24週間後

MRI・採血など     →    注射1回目・診察        →      注射2回目・診察      →     MRI・採血

問診                   自由診療(*採血)             自由診療(*採血)       経過観察  治療評価 

※注射後にリハビリテーション指導をおこないます

2、  難治性コース(効果不十分、変形や痛みが強い患者さん) 1回のみ注射を行います

※注射後に痛みを伴うことがございます

    PRP作製(自己負担)           132,000円/回 ×1回

     特別診察料(自己負担:注射する際)  5,500円/回 ×1回

初回(0週)                    3~4週間後             ※ 24週間後

MRI・採血など   →       注射1回目・診察         →          定期診察・MRI

問診                       自由診療(*採血)             経過観察・治療評価

※注射後にリハビリテーション指導をおこないます

、  APS治療コース(より効果を長持ちさせたい方)  1回のみ注射を行います

      APS作製・特別診察料(自己負担)  291,500円/回 ×1回

治療スケジュールは難治性コースと同じです 注射後痛みを伴うことがあります

オプション:全てのコースにグルコサミン療法も併用していただくことが可能です

ご希望の方は外来受付、医師までお尋ねください。予約制となります。 再生医療(PRP・APS)専門外来でご相談可能です。

【改訂 2020年5月~】

 

PRP・APS治療 Q&A

Q:費用はどのくらいかかりますか

A:コースによって違いますが自費になります

Q:注射の後は動けますか 運動していいですか

A:リハビリテーションを専門医指導の下、理学療法士と行います。体を動かしていただいて問題ありません。

Q:注射を行う前、行った後の検査流れなどを教えてください

A:MRI、採血、アンケート、関節角度の測定などがあります。効果を評価いたします。外来で診ていきます。

Q:前田病院の再生医療の特徴はなんですか

A:白血球が濃いものを使い、濃度の違いで3種類のコースを設定しています。また、価格を抑えて提供しています。初心者の方向けのコースも設けています。外来では丁寧にご説明をいたします。再生医療外来までお気軽にご相談ください。検査を行い、効果を判定し、リハビリテーションを行いご自宅でのリハビリテーションを指導致します。当院は、再生医療認可施設であり、再生医療学会の医師が行います。

 

 

 

PAGE TOP