ご挨拶   コンパクトな東京都地域救急医療センターを目指して  地域の救急医療を守る

東京都地域救急医療センター長   前田浩行

 当院は、70周年を迎えるにあたり東京都の地域医療を守り、支えるため前田病院は整形外科、脳神経外科の専門医を中心に救命救急を行う中核病院として、地域救急医療センターを開設しております。2次救急医療、特に多発外傷、脳卒中を中心に積極的な受け入れを24時間体制で行っております。また、集学的治療が行えるよう体制を整えています。多摩地域、埼玉など遠方でも受け入れが難しい患者さんにも対応出来るように努めております。東京都の救急医療に貢献した病院として知事より表彰を受けております。また、当院では救急患者さんに対する入院、手術、リハビリテーション(地域包括ケア)までトータルに治療できる地域に根差したコンパクトな病院を目指しています。整形外科専門医、脳神経外科専門医、リハビリテーション科専門医が協力しながら入院中の栄養指導、物忘れの検査(認知症治療)、骨粗鬆症検査、リハビリテーションなども行える体制を整えています。職員や救急隊員に対する救急医学教育も充実しております。決して病床数や規模は大きくはないですが、アットホームな環境の中で職員一同フットワークよく地域に根差し、思いやりと感謝の気持ちをどんな時でも、全ての方々にもちながら心が通った医療を行っていきます。地域の医療機関とも勉強会を設け、市民の方にも一緒に勉強する場を提供しながら、東京都、多摩地域、埼玉の救急医療を充実させていこうと考えております。微力ではございますが地域の救急医療を守るため皆様のご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

救急外来を受診する方へお願い

PAGE TOP